電算は、不妊治療(IVF)管理など医療情報システムを開発・販売するティー・エム・アール・システムズ(東京都中央区。売上高5億7600万円、営業利益1060万円、純資産4450万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ティー・エム・アール・システムズは総合健診、検査、IVF管理システムの開発で多くの実績を持つ。中でも、今後拡大が予想されるIVFにおいては競合他社も少なく、需要増大が見込まれる。医療業務系システム開発を主力とする電算は、診療系システムが得意なティー・エム・アール・システムズを取り込み事業拡大を目指す。

取得価額は非公表。取得予定日は2016年7月4日。