ジグソー(株)(以下「ジグソー」)は、IoTデバイス向けのモジュール開発や組み込み・メッシュネットワーク事業を展開するMobicomm(株)(売上高5930万円、営業利益△3970万円、純資産1450万円、以下「Mobicomm」)が実施する第三者割当増資を引き受け、同社を子会社化すると発表した。第三者割当後の議決権所有割合は83.33%となる。

ジグソーは、今後爆発的に広がるであろうIoT分野においてデータコントロール&マネジメントサービスを展開していく上で、IoTデバイスそのものに対する深い関与を持った連携を築くことは必須だと考え、通信制御技術をベースにモバイル通信やソフトウェア・モジュール組み込み分野において突出した経験と技術を保有するMobicommの増資引き受けを決めたという。今後は自社のOSテクノロジーとのコラボレーションをもって、国内外に広く事業を展開し、両社の業容拡大と企業価値向上を目指すとしている。

株式取得価額は5000万円。

アドバイザリー費用等は270万円。

第三者割当増資払込予定期日は2015年12月28日。