日本無線(株)(以下「日本無線」)及び長野日本無線(株)(連結売上高322億円、連結営業利益2億1700万円、連結純資産46億3000万円、間接保有分含む日本無線の所有割合は26.59%、以下「長野日本無線」)は、日本無線を完全親会社とし、長野日本無線を完全子会社とする株式交換を行うことを決議した。

本株式交換により、日本無線と長野日本無線は両社のコア事業の一つであるソリューション・特機事業においてのシナジー創出を加速させるとしており、具体的には、長野日本無線において長年培われたソリューション・特機分野における製造スキルや海外製造拠点の運営ノウハウを今後の日本無線グループの事業展開に十分発揮することで、両社コストの競争力効果が見込まれるとしている。また、エレクトロニクス技術に強みを持つ日本無線と長野日本無線の設計部門の技術交流が加速されることで、日本無線と長野日本無線の双方の設計技術の高度化、さらには、新技術開発の効率化が見込まれるとしている。さらに、長野日本無線はこれらに加え、日本無線の国内外における販売チャネルの活用や資金力を背景に、より積極的な事業展開を図ることが可能となることからも、長野日本無線の企業価値向上に資するものと判断したとしている。

株式交換比率は日本無線:長野日本無線=1:0.698。

株式交換契約締結日は2015年12月18日。

株式交換効力発生予定日は2016年3月23日。

なお、長野日本無線は(株)東京証券取引所市場第二部において2016年3月17日に上場廃止となる予定。