(株)丸運(以下「丸運」)は首都圏における、低温倉庫での食品等の受発注管理・保管・仕分け、多温度帯一括配送業務等を行っている丸運トワード物流(株)(営業収益15億4000万円、営業損失1億9400万円、純資産△6億1500万円、所有割合60%、以下「丸運トワード物流」)の全株式を一般貨物自動車運送業等を行う(株)トワード(以下「トワード」)に譲渡することを発表した。

丸運とトワードは合弁で丸運トワード物流を設立したが、労務費や傭車代の上昇等により事業を取り巻く環境が悪化し、業績が低迷し、当初の事業計画の達成が困難となったため、トワードと協議を重ねた結果、合弁事業解消に関する契約を締結し、株式を譲渡するとしている。

株式譲渡価額は6000円。

株式譲渡日は2015年11月30日。