M&A速報

日信工業<7230>、四輪車用ブレーキ事業をスウェーデンのAutolivグループへ譲渡

2015/09/09

日信工業は、欧州、米国、中国などで展開する四輪車用ブレーキ事業を自動車用安全システムを展開するスウェーデンのAutoliv Inc.グループに譲渡すると発表した。本社からの事業分割による承継会社のほか3つの新会社(中国、タイ、米国)を設立し、それぞれ持分の51%をAutoliveグループに譲渡することで合弁会社化する。対象事業の総売上高は690億円。

日信工業は、四輪ブレーキ事業の世界シェアが低水準にとどまっていることから、Autolivが持つ電子制御ユニットや外界センシング技術、グローバルな顧客基盤と営業力を取り込み、同事業の拡大を目指すことにした。

譲渡総額は約332億円。譲渡予定日は2016年2月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

【ホンダ】トヨタとも日産とも違う、独自「系列再編」の行方は?

2020/07/09

ホンダが系列サプライヤーの再編に動き出した。ホンダが筆頭株主となっているケーヒン、ショーワ、日信工業の3社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施して完全子会社化した上で、日立オートモティブシステムズが3社を吸収合併する。その狙いと戦略は?

CASEを見越した再編が加速 2019年の自動車・部品業界

CASEを見越した再編が加速 2019年の自動車・部品業界

2019/12/18

自動車および自動車部品業界の2019年は次世代技術の「CASE」をにらんだ業界再編が本格化した1年だった。CASEとは「Connected」「Autonomous」「Shared&Services」「Electric」の頭文字を取ったもの。

M&A速報検索

クリア