日信工業は、欧州、米国、中国などで展開する四輪車用ブレーキ事業を自動車用安全システムを展開するスウェーデンのAutoliv Inc.グループとの合弁事業とすると発表した。本社からの事業分割による承継会社のほか3つの新会社(中国、タイ、米国)を設立し、いずれも持分の51%をAutoliveグループに譲渡する。対象事業の総売上高は690億円。

日信工業は、四輪ブレーキ事業の世界シェアが低水準にとどまっていることから、Autolivが持つ電子制御ユニットや外界センシング技術、グローバルな顧客基盤と営業力を取り込み、同事業の拡大を目指すことにした。

譲渡総額は約332億円。譲渡予定日は2016年2月1日。