コンデンサ・電池用絶縁紙や回路基板の製造する製紙メーカーのニッポン高度紙工業(高知県)は、主力製品であるセパレータの原料を安定的に確保し、同社製品の安定供給を維持・強化する目的として、フィリピンでパルプの製造・販売事業を展開しているAlbay Agro-Industrial Development Corporation(フィリピン、売上高17億円、営業利益7千万円、純資産8億円)の全株式を取得、子会社化することを決議した。

株式取得価額は11億円(アドバイザリー費用等含む)。

契約締結日は平成27年8月7日。

株式譲渡実行日(1回目)は平成27年8月7日(株式の40%を取得)。

株式譲渡実行予定日(2回目)は平成27年10月(株式の60%を取得)。