menu
Social media

M&Aニュース

M&Aニュース

日東工器<6151>、携帯式磁気応用穴開け機メーカーの株式譲渡

日東工器(株)(以下「日東工器」)は連結子会社であるNITTO KOHKI EUROPE CO.,LTDが100%出資する携帯式磁気応用穴開け機のメーカーであるUNIVERSAL DRILLING&CUTTING EQUIPMENT LTD.(イギリス、売上高9億8000万円、営業利益△1300万円、純資産8億7500万円、以下「ユニバーサル社」)の株式すべてを譲渡することを決定した。

日東工器グループは、2002年2月に日東工器の鋼材用携帯式磁気応用穴開け機(アトラ)同様の機器であるマグドリルを製造、欧州及び米国市場で販売していたユニバーサル社の株式を買収し、欧米市場におけるアトラとその消耗品である穴開け刃物の販売に取り組んできた。しかしながら、長期化する欧州経済不況により業績の低迷が続いていることと、今後における相乗効果が期待できないため、ユニバーサル社の株式を譲渡することを決議した。

株式譲渡価格は4億2500万円(2,400,000GBP)。※1GBP=177.16円にて換算(2015年3月27日の為替レート)。

株式譲渡予定日は2015年3月30日。

関連のM&Aニュース