(株)東邦銀行は、持分法適用関連会社である5社、1.信用保証業を行う東邦信用保証(株)(売上高9億2100万円、営業利益7億1300万円、純資産30億4000万円、議決権所有割合5.0%、以下「東邦信用保証」)2.受託開発ソフトウェア業を行う東邦情報システム(株)(売上高2億2900万円、営業利益600万円、純資産3億2000万円、議決権所有割合7.8%、以下「東邦情報システム」)3.総合リース業を行う東邦リース(株)(売上高54億7000万円、営業利益4億800万円、純資産34億6000万円、議決権所有割合5.0%、以下「東邦リース」)4.クレジットカード業、信用保証業を行う(株)東邦カード(売上高9億3300万円、営業利益4億600万円、純資産30億6000万円、議決権所有割合5.0%、以下「東邦カード」)5.(株)東邦クレジットサービス(売上高5億2500万円、営業利益7500万円、純資産13億8000万円、議決権所有割合5.0%、以下「東邦クレジットサービス」)の株式を追加取得し連結子会社化することを決議した。株式取得後の間接保有含めた議決権の所有割合は、東邦信用保証100%、東邦情報システム100%、東邦リース71.6%、東邦カード100%、東邦クレジットサービス100%となる。

東邦銀行グループがさらに多様化、高度化していく顧客ニーズにしっかりと応えていくためには、持分法適用関連会社である5社を連結子会社化し、その連携をより一層強固にすることが必要不可欠と判断したとしている。

株式譲渡価額は東邦信用保証12億円、東邦情報システム3億4500万円、東邦リース1億7800万円、東邦カード6億6200万円、東邦クレジットサービス1億8300万円。

株式譲渡実行予定日は2015年4月6日。

東邦銀行の株取得情報は以下の通り。

①東邦信用保証の株を、福島商事から45%取得。

②東邦情報システムの株を、福島商事と東邦ビルと東邦土地建物から34.6%取得。

③東邦リースの株を、東邦情報システムと東邦ビルと福島商事から16.6%取得。

④東邦カードの株を、ジェーシービーと福島商事から45%取得。

⑤東邦クレジットサービスの株を、三井住友カードと福島商事から45%取得。

(それぞれ異動後の間接保有を含めた議決権の所有割合が過半数を超える)