クルーズは、2012年12月に韓国のゲーム開発・マーケティング拠点として設立したCROOZ Korea Corporation(ソウル。売上高2億3600万円、営業利益△4870万円、純資産△2660万円)の株式86%を、同社代表理事である呉哉昊氏に譲渡することを決めた。

クルーズは韓国のゲーム市場で競争が激化し、プロモーション費用が高騰する中、CROOZ Koreaに引き続き投資するのは難しいと判断した。グローバル戦略については、その機能を日本と米国に集約させる。CROOZ Koreaは連結対象から除外されるが、今後も協力関係を維持する。

譲渡価額は5500万円。譲渡日は2月6日。