プロスペクトは、商品先物大手の豊商事をTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決めた。株式51.0%の取得を目指すが、豊商事の上場は維持する。

豊商事は商品先物取引のほか不動産管理事業を展開。プロスペクトは同社を子会社化し、新たな金融商品の開発などを通じた投資顧問事業の拡大を見込む。

買付価格は1株あたり400円で、公表前営業日の終値に対して23.08%のプレミアムを加えた。買付予定数は453万8000株(所有割合51%)で下限は設定していない。買付総額は18億1000万円。買付期間は12月26日から2015年3月2日まで。決済の開始日は3月9日。