システム機器事業、デバイス事業を手掛ける高千穂交易(東京都)は、ASEAN 地域での防火システム事業のシェアを拡大しグループ事業の柱の一つとして確立させるため、東南アジア地域のプラントにおいて高度防火設備のシステム設計力と商品供給力を高く評価されている Guardfire Limited(タイ、売上高約21億円)及び Guardfire Singapore Pte. Ltd.(シンガポール、売上高約6億円)の全株式を取得し、両社を子会社化することを決議した。

合計取得価額は約32億円。

株式譲渡予定日は平成26年11月30日。