M&A速報

ヤギ<7460>、カジュアルウェアメーカーを子会社化

2014/08/11

(株)ヤギ(以下「ヤギ」)は、カジュアルウェアの製造販売事業を展開する(株)リープスアンドバウンズ(売上高16億8000万円、純資産8200万円、以下「リープスアンドバウンズ」)の株式を全株取得し、子会社化することについて決議した。

リープスアンドバウンズは、2000年設立の海外ブランド事業を展開するカジュアルウェア、かばん・袋物製造販売会社で、ミラノを拠点としたトータルファッションブランド「TATRAS(タトラス)」や「SOLIDO(ソリード)」を基幹ブランドとし、セレクトショップや百貨店への販売、また欧州市場へも参入している。ヤギは、今回の子会社化により、同社が有している国内外での販売ネットワークを活用し、海外事業及びブランド事業の拡大を図る。また、高付加価値素材の開発やヨーロッパでの衣料品生産基盤を共有することでシナジー効果が生じるものと考えており、本件は自社グループの企業価値拡大に資するものである、としている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行日は2014年8月11日。

M&Aデータベース

関連の記事

日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

日韓関係悪化で「ユニクロ」も営業減益に 半面韓国企業の買収には増加の兆しも

2020/01/21

アパレルブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2020年8月期の営業利益が、韓国での不買運動などの影響で2016年8月期以来4期ぶりに減益に陥る。2020年の日韓関係はどのような方向に進むのだろうか。

韓国企業に出資する繊維商社「ヤギ」の戦略とは

韓国企業に出資する繊維商社「ヤギ」の戦略とは

2020/01/16

繊維商社のヤギは韓国Finetex EnE Inc.との間で、Finetex EnEが製造するナノファイバー製品のグローバル販売に関する契約を結んだのをはじめ、Finetex EnEへの出資に向けた交渉を始めた。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5