第一カッター興業は、中古OA機器、IT関連機器の買取・販売を手がけるムーバブルトレードネットワークス(東京都台東区。売上高6億400万円、営業利益1000万円、純資産7700万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決めた。株式の50.2%を取得する。取得価額は2億1100万円(アドバイザリー費用など含む)。払込期日は2014年7月1日。

両社は2012年に合弁会社の第一カッター・エシカルを設立し、ムーバブルトレードネットワークスがノウハウを提供しながら、中古IT・OA機器を中心としたリユース・リサイクル事業を運営してきた。合弁会社設立後2年が経過し、両社の事業領域が重なる部分が増加してきたことから、第一カッター興行はムーバブルトレードネットワークスを子会社化して事業拡大を目指すことが最善と判断した。