(株)ハーツユナイテッドグループ(以下「ハーツユナイテッドグループ」)は、(株)プレミアムエージェンシー(売上高17憶9000万円、営業利益7950万円、純資産3億6700万円、以下「プレミアムエージェンシー」)の株式取得及び第三者割当増資の引き受けにより、連結子会社とすることを決議した。子会社化の手法としては、2016年4月1日付で、プレミアムエージェンシーの発行済株式7,690株のうち、既存株主より2,790株、同日付で同社が実施する第三者割当増資において1,875株を取得予定であり、取得する4,665株の議決権所有割合は48.8%。併せて取締役の過半数を派遣することにより、同社を連結子会社化する予定とのこと。

プレミアムエージェンシーは、国内初のマルチプラットフォームに対応した自社開発の3Dグラフィックスエンジン「千鳥 TM(ちどり)」を技術基盤とし、ソーシャルゲーム及びコンシューマゲーム開発事業をはじめCG映像制作事業等を展開しており、高い技術力と顧客サービス体制を有しているとのこと。今回、同社の連結子会社化により、両社の得意とする分野やサービスを横断的且つ垂直的に融合させ、その事業基盤を共有することで、開発からデバッグまでの一貫した受注体制をグループ内に構築するとのこと。これにより双方の顧客基盤を活かした営業展開はもとより、デバッグ事業で培ったユーザー目線のデバッグノウハウを上流工程である企画・開発段階に反映させることで、より高品質なコンテンツ開発が実現するほか、グループ内のサービス拡充により、更なる競争優位性の確立を図っていくとしている。

第三者割当増資による引受普通株式の取得価額は1億5000万円。

株式譲渡による取得A種株式の取得価額は2億2300万円。

アドバイザリー費用等(概算額)は400万円。

株式譲渡及び第三者割当増資引受実行予定日は2014年4月1日。