南海プライウッド(株)(以下「南海プライウッド」)のフランス共和国子会社NP ROLPIN SAS(以下「NP ROLPIN」)は、ROLPIN SAS(フランス、以下「ROLPIN」)が保有する合板事業(売上高22億3000万円(16,010千ユーロ)、純損失5億5100万円(3,954千ユーロ))について、フランス共和国ランド県モン=ド=マルサン商事裁判所に申請した入札に関して、裁判所の決定により買収者として選定され、NP ROLPINによるROLPINの事業買収が決定したと発表した。

ROLPINは、モン=ド=マルサン商事裁判所に破産申請を行い、2013年6月3日より再建手続を開始していた。NP ROLPINは、同裁判所による入札に参加し、2014年3月3日(現地時間)にROLPINの合板事業の買収者として最終的に選定された旨の通知を受けた。南海プライウッドは、新たに合板事業取得により原材料の調達の分散化、新規顧客の獲得、販路の拡大などの海外展開の強化を図るとしている。

事業譲渡価額は未定。

(ROLPINの合板事業の譲受け対価は139円(1ユーロ)とする代わりに、再建手続のための新規設備投資資金の拠出が譲受けの条件となっているとのこと。自己資金及び借入金により6億9700万円(約5百万ユーロ)の資金提供を予定しているが、なお当該金額は変動する可能性があり、また増資あるいは貸付額の配分は未定とのこと)

事業譲受予定日は2014年4月1日。