(株)エナリス(以下「エナリス」)は、同社及び日本エネルギー建設(株)(売上高3億8000万円、営業利益107万円、純資産6050万円、以下「日本エネルギー建設」)は、2014年2月24

日開催の臨時取締役会において、日本エネルギー建設の一部の株式を取得し(以下「本件株式

取得」)、その後、2014年3月19日(予定)を効力発生日とし、当社を完全親会社、日本エネルギー建設を完全子会社とする簡易株式交換(以下「本株式交換」、本件株式取得とあわせて「本件統合」)を実施することを決議した。株式譲渡により54%、株式交換により46%の議決権を所有予定。

現在、太陽光発電設備の導入コストが低減し、今後の一般個人向け販売は着実にニーズが見込まれている。今回の日本エネルギー建設との本件統合の実施により、両社が一体となって事業を行うことで、これまで未開拓となっていたエリナスの太陽光発電事業における個人向けの顧客層拡大の足掛かりとなる。また、平成 28 年には一般家庭への電力供給も自由化されることで、当社グループにとっても新たな付加価値を提供できる可能性が拡大し、シナジー効果創出が期待できることから、企業価値向上に資するものとしている。

株式取得価格は10億8000万円。

アドバイザリー費用は1000万円。

株式取得予定日が2014年2月28日。

株式交換比率はエナリス:日本エネルギー建設=1:171。

株式交換の効力発生予定日は2014年3月19日。