日本電通(株)は、システムソリューションの提案・構築等を行う四国システム開発(株)(売上高15億円、営業利益7900万円、以下「四国システム開発」)の株式62.9%を取得し、子会社化することを決議した。日本アイ・ビー・エム(株)から33.0%、(一社)徳島新聞社から29.9%取得するとしている。

四国システム開発は、日本アイ・ビー・エム(株)及び(一社)徳島新聞社を中心に設立された会社であり、金融業、マスメディア、地方公共団体、文教、医療、製造業、サービス業など各業種に幅広くエンジニアリングシステムやシステムソリューションを提案・構築し、お客様のビジネスの成功を強力に支援してきた会社であるとのこと。この培われたノウハウを活かし、ICTソリューション事業の拡大に力を入れるという戦略と一致したため株式取得するとしている。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行日は2014年3月31日。