綜合臨床ホールディングスは、臨床試験の支援業務を行うジェービーエス(神戸市。売上高1億6300万円、営業利益42万1000円、純資産5700万円)の株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

ジェービーエスは、医療機関に対して臨床試験の支援業務を行うSMO(治験施設支援機関)。関東地区においては、大学病院より事務局業務、臨床研究コーディネーター業務等を受託、関西地区においては大規模総合病院や婦人科領域を中心とした医療機関と提携している。

綜合臨床ホールディングスはジェービーエスを取り込むことで、大学病院支援や大規模総合病院向け支援などの拡大を図るほか、国際共同治験や難病・希少疾患領域の臨床試験に対するサポート体制のさらなる強化を狙う。

取得価額は非公表。取得予定日は2013年12月26日。