ハーツユナイテッドグループは、システム開発事業等のネットワーク21(東京都千代田区。売上高10億9000万円、営業利益5020万円、純資産1億1100万円)の株式66.4%を取得し、子会社化することを決議した。

ハーツユナイテッドグループは、ソフトウェアの不具合を検出するデバッグ事業を主力事業とし、国内外でインターネット関連の情報機器やウェブサイト等、様々なソフトウェア製品のサービスを展開。一方のネットワーク21は、システム開発事業を中心としたITサービスに関わる総合的なソリューションサービスを、様々な業種・業態の顧客に提供している。今回の子会社化で、需要拡大が見込まれるシステム検証領域において、両社の技術力を融合し、より高度な検証サービスの提供による新規ユーザーの獲得や受注拡大を図る。

取得価額は2億3400万円。取得予定日は2013年11月29日。