相鉄ホールディングスは、子会社で土地建物の売買、公衆浴場の経営等の相鉄不動産販売(横浜市。売上高79億1000万円、営業利益△5500万円)の温浴・温泉事業を分割して、同じく公衆浴場の経営等のここち湯(東京都中央区)に継承し、スーパー銭湯事業等のホットネス(東京都中央区)に売却することを決議した。

相鉄不動産販売では、神奈川県の県央エリアを中心に4店舗で温浴・温泉事業を展開。しかし、スーパー銭湯業界をとりまく事業環境は一段と厳しさを増しており、首都圏を中心に7店舗のスーパー銭湯を展開している東京建物の100%子会社であるホットネスに、継承会社となるここち湯を譲渡することを決めた。

譲渡価額は非公開。譲渡予定日は2014年2月28日。