クワザワは生コンクリートの製造販売を行う余市レミコン(北海道小樽市。売上高1億7300万円、営業損益△100万円、純資産9400万円)の発行済み株式81.2%を取得し、子会社化することを決議した。

余市レミコンは生コンクリート製造工場を所有し、クワザワの子会社など4社の共同操業により製造販売事業を手がけている。余市レミコンの親会社である清水鋼機が2012年に自己破産を申請したため、同社の経営陣がクワザワに株式譲渡と経営支援について依頼していた。クワザワは今回の子会社化により、今後見込まれる生コンクリートの需要に対する供給体制維持を図り、市場の安定化を目指す。

取得価額は非公表、取得予定日は2013年3月21日。