新晃工業は、ビル管理事業の千代田ビル管財(東京都中央区。売上高52億4000万円、営業利益4億9700万円、純資産62億3000万円)を完全子会社化することを決議した。

千代田ビル管財のビル管理業には空調設備の点検業が含まれており、新晃工業は主要事業である空気調和機の販売や保守との相乗効果を見込んでいる。また、継続的に収益が入ってくるストック型の事業を取り込むことで、収益の安定化を目指す。

取得価額は77億7000万円。取得予定日は2013年4月上旬。