一建設(東京都練馬区。売上高2180億円、営業利益203億円、純資産572億円)、飯田産業(東京都武蔵野市。売上高1370億円、営業利益122億円、純資産517億円)、東栄住宅(東京都西東京市。売上高1020億円、営業利益70億3000万円、純資産356億円)、タクトホーム(東京都西東京市。売上高768億円、営業利益81億6000万円、純資産239億円)、アーネストワン(東京都西東京市。売上高1870億円、営業利益218億円、純資産606億円)及びアイディホーム(東京都西東京市。売上高554億円、営業利益47億3000万円、純資産92億1000万円)の住宅分譲会社6社は、2013年11月をめどに経営統合することを発表。

共同株式移転の方法により持株会社を設立、6社は完全子会社として傘下に入る。持株移転比率は未定。

6社は経営統合により、中核事業である戸建分譲、マンション分譲事業の競争力の強化を図る他、中古住宅・リフォーム事業の強化及び海外市場への展開を狙う。