ソケッツは、インターネットを活用したサービス、アプリケーション、データベースの開発提供を主力とするT.C.FACTORY(東京都渋谷区。売上高1億5200万円、営業利益△610万円、純資産2億6000万円)の株式を、同社が実施する第三者割当増資の引受および既存株主からの取得により連結子会社化することを決議した。

ソケッツは独自開発の作品情報管理「MSDB(メディアサービスデータベース)」を活用し、スマートフォン・PCを中心に音楽、書籍、映像のメディア検索サービス、インターネットを活用したストリーミングサービスおよび作品のおすすめ紹介サービスなどを提供している。T.C.FACTORYは、人物情報を軸につながりを持たせるデータベース「DrillSpin(ドリルスピン)」とデータベースを自動的に収集する技術を強みとしている。ソケッツは同社の子会社化により、ソケッツの「MSDB」とT.C.FACTORYのデータベースを融合させ、保有するデータの量と質の向上、また、テクノロジーの融合による開発効率化とサービス展開力の増加につなげる狙い。

取得価額は非公表。第三者割当引受および譲渡予定日は2012年9月10日。