M&A速報

ACAと損保ジャパン設立の投資組合、シダー<2435>の株式34%を取得

2012/08/13

投資会社のACA(東京都千代田区)や損害保険ジャパン(東京都新宿区)が設立した投資事業有限責任組合(東京都千代田区)は、シダーに対するTOB(株式公開買い付け)を実施し株式34.0%の取得を目指す。シダーが発表し、賛同の意見を表明した。

福岡県北九州市に本社を置くシダーは九州や関東を中心にデイサービスや施設サービス、在宅サービスを提供している。ACAと損保ジャパンは介護サービス事業参入を検討するなか、高いリハビリ技術と複合的な介護サービスを有するシダーが事業パートナーとして最適であると判断した。

買付期間は2012年8月14日から9月13日まで。決済の開始日は9月20日。買付価格は1株あたり610円で、公表前営業日の終値402円に対して51.74%のプレミアムを加えた。買付予定数は195万900株で、下限は157万5200株。買付総額は11億9000万円。

関連の記事

損保業界が介護事業の主役に?

損保業界が介護事業の主役に?

2017/09/22

2000年にスタートし、3年ごとに改正されてきた介護保険制度。2018年には、これまでの2割負担の人のうち、所得の高い層の負担割合が3割になる。介護をめぐる情勢の変化への対応に、介護事業者側も目の放せない状況が続く。