TOAは、精密モーターなどを開発するシナノケンシ(長野県上田市)から音源データ配信システム事業を取得すると発表した。取得価額は非公表。取得予定日は2012年10月1日。

シナノケンシでは2002年からIPネットワーク経由による音源配信システムの運営を開始。音源データの受信端末とサーバーで構成されるシステムで、BGM制作会社や配給会社などが活用している。TOAは今後、自社の強みである業務用音響や映像関連技術を組み合わせることで、商業施設向け音声・映像広告や教育市場向け放送コンテンツの配信、自治体向け広域防などのサービス提供を目指す。