安藤建設と間組の両取締役会は、平成25年4月1日を期日(予定)として対等の精神に基づき合併することを決議し、合併契約を締結した。

合併の実行は、安藤建設の定時株主総会、間組の臨時株主総会及び種類株主総会における承認、公正取引委員会による承認等の諸条件が充足されること、その他本件に支障を来すおそれのある重要な事由が発生しないことを前提とする。

合併が、安藤建設の定時株主総会、間組の臨時株主総会及び種類株主総会で承認された場合、安藤建設の株式は、平成25年3月27日をもって、上場廃止となる予定。

合併は、間組を吸収合併存続会社、安藤建設を吸収合併消滅会社とする吸収合併の方式で行われ、合併により間組が発行する株式は、安藤建設の普通株式1株に対して、間組の普通株式0.53 株を割当て交付され、43,834,207株となる。

間組が安藤建設を合併するに必要なコストは、間組株式の本日の終値で計算した場合7,846百万円となる。