きらやか銀行と仙台銀行は経営統合することを発表した。持株会社「じもとホールディングス」(仙台市)を設立し、両行はその完全子会社となる。

両行は、2011年10月に予定していた経営統合を同年3月の東日本大震災の発生により一旦延期。震災復興・地域振興のための取り組みを優先してきたが、2012年10月1日付で経営統合し、宮城・山形両県にまたがる新たな金融グループとして地元経済活性化を目指す。新持株会社じもとホールディングスは新規上場予定。きらやか銀行の上場は廃止となる。

株式移転の割当比率は、きらやか銀行1:仙台銀行6.5(きらやか銀行の株式1株に対して持株会社の株式1株を割り当て、および仙台銀行の株式1株に対して持株会社の株式6.5株を割り当て)。