M&A速報

名古屋鉄道<9048>、名鉄トヤマホテルの全株式をブリーズベイホテルへ譲渡

2012/02/27

名古屋鉄道は、連結子会社である名鉄トヤマホテル(富山県富山市。営業利益△1億800万円、純資産△8億980万円)の全株式をブリーズベイホテル(横浜市)に譲渡することを決議した。

名古屋鉄道は中期経営計画において、グループ経営改革の推進を重要テーマとして位置付けてきた。トヤマホテルは1964年設立以来、富山市においてホテル事業とその他の付帯事業を運営してきたが、2012年7月にホテル事業の土地・建物の賃貸借契約が期間満了となる。名古屋鉄道は、これを機会に、ホテル事業を全国展開し、同事業の専門的で豊富なノウハウを持つブリーズベイホテルに全株式を譲渡することが最善と判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年2月29日。

M&Aデータベース

関連の記事

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

【名古屋鉄道】馬車鉄道から大手私鉄への成長の軌跡(後編)

2019/04/06

名古屋市電気局の経営となった名古屋電鉄市内線。名古屋電鉄はその後、美濃電気軌道を傘下に収め、鉄路を岐阜に延ばしていった。合併後の1930年9月、名古屋電鉄は社名を名岐鉄道と変更した。さらに、愛知東部への進出を狙い、愛知電気鉄道と合併した。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5