福山通運は、外航海運と通関業を主力とする三統(大阪市。売上高56億7000万円、営業利益9000万円、純資産3億5500万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、同社を完全子会社化することを決議した。

福山通運は国内20カ所の通関拠点と9カ所の保税蔵置所を持ち、国内事業を主力とする。新たに国際事業を収益の柱とするために国際物流を強みとする三統を子会社化する。

三統は中国、香港、韓国に自社海外拠点を持ち、インドネシア、ベトナムなど東南アジアでの独自ネットワークを活用した複合一貫輸送サービスを強みとする。子会社化することにより国内外の物流における両社の強みを生かし、より積極的な事業展開を図る。

取得価額は3億円。

取得日は2012年1月7日。