カラカミ観光は、ホテル運営事業において北海道内では規模・ネームバリューともにトップクラスの地位を誇っていたが、平成21年頃からの景気後退の影響により経営状態が悪化し、JASDAQにおける財務制限条項に抵触するに至った。平成23年3月期に至るまで、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせる状況に改善が見られなかったため、抜本的な経営改革を行うため、MBOによる非公開化を行うことを決断した。

公開買付者 :株式会社KKT(カラカミ観光の会長と社長が役員を務める)

買付期間:平成23年11月8日(火)から平成23年12月20日(火)まで(30営業日)

買付価格:普通株式1株につき金120円

買付予定株式等の数:6,316,088株

買付け予定数の下限:3,452,924株

買付価格に付されたプレミアム:過去3ヶ月の平均株価に対して30%

買付総額:757百万円

カラカミ観光株式は、JASDAQに上場されているが、この公開買付では買付予定数に上限を設定していないため、公開買付の結果次第では、上場廃止となる可能性がある。

また、公開買付成立時点では上場廃止基準に該当しない場合でも、その後株式会社KKTは、いわゆる二段階買収の手続を実施し発行済株式の全てを取得することを企図しているので、その場合には上場廃止となる。

カラカミ観光は、この公開買付に賛同の意見を表明している。