マーベラスエンターテイメントは、2011年10月1日にゲームソフトウエア開発のAQインタラクティブと携帯コンテンツ開発のライブウェア(東京都新宿区。売上高6億9600万円、営業利益4300万円、純資産4億4600万円)を吸収合併する。

合併比率はマーベラス1:AQインタラクティブ7:ライブウェア6.2。AQインタラクティブの株式1株にマーベラスの株式7株、ライブウェアの株式1株に対してマーベラスの株式6.2株を割り当てる。

マーベラス、AQインタラクティブ、ライブウェアの3社は、ゲームソフトや音楽映像の企画・制作・開発・販売などの分野において独自の事業戦略を遂行してきたが、スマートフォンやタブレット型端末といった新たな携帯情報端末が普及する中、経営統合が最良の選択肢と判断した。

統合新会社は2011年10月1日付で、社名をマーベラスAQLに変更する。