西川ゴム工業は、自動車用ゴムシール製品を製造するニシカワ・スタンダード・カンパニーLLC (インディアナ州。売上高80億7000万円、営業利益1億5300万円、純資産21億8000万円)を子会社化することを決議した。

ニシカワ・スタンダード・カンパニーは1986年9月に米クーパー・スタンダード・オートモーティブ Inc. との折半出資で設立された合弁会社。西川ゴム工業は、同社をグループ全体のグローバル事業を拡大する上での重要な拠点として捉え、出資比率を50%から60%に引き上げた。残りの 40%は引き続きクーパー・スタンダード・オートモーティブ が保有するという。

取得価額は13億円。取得日は2011年3月10日。