JSPは、スウェーデンに本社を置くFagerdala Industri ABのブラジル子会社で発泡ポリプロピレンを製造・販売するFagerdala Brasil Ltda.(サンパウロ州。売上高約17億1000万円)を買収した。

Fagerdala Industriは、建築や船舶素材などの事業に経営支援を集中させたいとの意向でJSPに発砲ポリプロピレン事業の売却を打診していた。

JSPの発泡ポリプロピレンは、主に衝撃緩衝用バンパーコア材や内装材などの自動車部品などに用いられ、同社は海外にも製造・販売拠点を持つ。Fagerdala BrasilはJSPが進出していない南米に製造拠点を有し、今後も自動車関連製品の更なる需要拡大が見込まれることから、JSPは同社を取得することとした。

具体的には、JSPと完全子会社のJSP International Group, Ltd.が共同で設立した新会社が、Fagerdala Brasilの全株式を取得。

取得価額は約17億円。取得日は2011年2月28日。