ファーストエスコは、完全子会社で木質バイオマス発電事業を手掛ける白河ウッドパワー(東京都中央区。売上高9億6900万円、営業利益△7900万円、純資産△11億7000万円)を電力小売事業の日本テクノ(東京都新宿区)に売却することを発表した。

バイオマス発電事業は、木質チップ価格の高止まり、電力販売価格の低迷、高水準の設備整備コストなどの影響で不振が続いていたため、事業リスクを軽減するため売却することとした。譲渡後、白河ウッドパワーで発電された電気は日本テクノを通じてユーザーに販売されるという。

譲渡価額は1億円。譲渡予定日は2011年3月下旬。