ダイワボウホールディングスは、持ち分法適用関連会社のオーエム製作所に対しTOB(株式公開買い付け)を実施し子会社化することを決めた。ダイワボウHDは現在、オーエム製作所の株式27.02%を所有している。オーエム製作所の工作機械事業の海外展開など競争力の強化が狙いで、TOBを通じ完全子会社化を目指す。オーエム製作所はTOBに賛同しており、TOB成立後に上場廃止となる見通し。

TOBの買付価格は1株当たり540円。TOB公表前営業日の対象株式の終値368円に対して46.7%のプレミアムを加えた。買付予定数は2260万1488株(下限は684万8000株)。買付予定額は最大122億480万3520円。買付期間は2011年2月7日から3月22日まで。決済の開始日は3月29日。