ダイワボウは、持分法適用関連会社のダイワボウ情報システムをTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。議決権ベースで現在23.23%の所有割合を66.7%に引き上げることを目指す。TOB成立後、ダイワボウ情報システムは上場廃止となる。ダイワボウ情報システムは今回のTOBに賛同の意見を表明している。

ダイワボウ情報システムは、ダイワボウの経営多角化の一環として1982年に設立。パソコンの卸売りなどを手がける。ダイワボウは成熟産業である繊維事業に加え、ITインフラ流通事業をグループの戦略的コア事業の一つとして強化する方針。今回の完全子会社化によりグループを再編し、持続的、安定的な成長による企業価値の向上を図る。

TOBの買付価格は1株あたり2400円。TOB公表前営業日の対象株式終値の1879円に対して27.7%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は870万株で、買付予定額は208億円。

公開買付期間は2008年9月10日から2008年10月24日までを予定している。