東京スタイルとサンエー・インターナショナルは2011年6月に経営統合することを決定したと発表した。株式移転により共同持ち株会社TSIホールディングス(東京都千代田区)を設立し、傘下に両社を置く。新会社は東京証券取引所に新規上場する。

アパレル業界は消費者の買い控えや低価格品の台頭などで企業間競争が一段と激しさを増している。東京スタイルとサンエー・インターナショナルは事業の柱となるコアブランドの企画・育成や、M&Aを含むブランドポートフォリオの再構築などに取り組むため、両社の強みやノウハウ、リソースを相互に共有・活用する。経営統合を通じた経営改革に取り組むことで、ファッション業界におけるリーディングカンパニーとしての地位の確立を目指す。

株式移転比率は東京スタイル1.00:サンエー・インターナショナル1.65で、東京スタイルの1株に対し共同持ち株会社の普通株式1株、サンエー・インターナショナルの1株に対し共同持ち株会社の普通株式1.65株を割り当てる。

両社の上場廃止予定日は2011年5月27日。株式移転実施予定日は2011年6月1日。