三菱総合研究所は子会社を通じて、入学検定料収納代行サービスを手がけるオプト・ジャパン(東京都新宿区。売上高3億8800万円、営業利益200万円)を子会社化することを決議した。発行済株式の取得と第三者割当増資の引き受けにより、株式の所有割合を70%とする。

オプト・ジャパンはコンビニエンスストアを利用した入学検定料の収納代行システムで国内シェアトップで、インターネット出願システムなど入学試験業務に関するサービスを展開している。三菱総合研究所は学校法人に対する総合的なサービス提供体制を構築し、グループとして業容の拡大を図る。

取得価額は非公表。取得予定日は2010年10月1日。