太平洋セメントは東海運の株式の一部を、総合物流事業を手がける鈴与グループの建設会社である鈴与建設(静岡市)に譲渡することを決議した。太平洋セメントの株式所有割合は51.56%から38.41%となり、東海運は連結子会社から持分法適用会社となる。

太平洋セメントは事業構造改革に取り組んでおり、グループ全体の事業見直しと再編の一環で譲渡を決めた。鈴与グループはグループ会社3社を通じて東海運の株式16.6%を保有することとなる。

譲渡価額は7億4100万円。譲渡予定日は2010年9月22日。