セブンシーズホールディングスは、子会社のクリエイティブ・テクノロジーが手がける父親向けライフスタイル誌「オーシャンズ」を、出版・広告代理業のILM(東京都渋谷区)に譲渡することを決議した。

セブンシーズHDは一般的な消費者向けコンシューマー・パブリッシングからは原則として撤退を表明している。今回、ILM代表取締役である小野憲次氏から「オーシャンズ」事業引き受けの申し出があったため譲渡することにした。セブンシーズHDにはすでに「ハーパース・バザー日本版」と「ローリングストーン日本版」も小野氏の会社へ売却している。

譲渡価額は無償。譲渡予定日は2010年7月1日。