東邦亜鉛は、持ち分法適用会社で豪州の鉱山会社CBH Resources Limited(シドニー市)の株主および社債保有者に対し、あらためて同社の完全子会社化の提案を行った。

東邦亜鉛はCBHを買収し、中長期的な原料鉱石の安定確保を目指す。提示した内容は、東邦亜鉛が保有する24.1%以外の全株式を1株当たり約20.9円で買い受ける。同じくCBHの買収を目指すベルギーのNyrstar社による提示価格の一株当たり約17円に対し約23.1%のプレミアムであり、直近4月22日の取引価格に対して約17%のプレミアムとなる。

また、CBHの転換社債を額面の100%(1社債当たり約8万7300円)で買い取る。3月11日以前の取引レベルより120.9%のプレミアムとなる。