新和内航海運は、日本コークス工業(旧三井鉱山)の100%子会社で海運業を手がける室町海運(東京都江東区。売上高30億4000万円、営業利益5220万円、純資産21億4000万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。

室町海運は1951年に三井鉱山の石炭輸送会社として創業し、現在は鉄鋼や電力関連など様々な内航貨物輸送事業を展開する。新和内航海運は今回の子会社化により、新日本製鉄グループの一員である日本コークス工業との連携を強化する。また、同種の貨物を取り扱うことにより配船効率を高め、グループの収益力向上と事業基盤の確立を目指す。

取得価額は未定。取得予定日は2010年3月31日。