西華産業は、金属二次製品や配管機材の販売を手がける竹本(神戸市。売上高34億7000万円、営業利益1億3400万円、純資産5億500万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

竹本は西日本を中心に金属二次製品・配管機材(フランジ・バルブなど)の販売事業を行っており、安定した経営基盤を構築している。西華産業も同種製品の販売を手がけており、顧客基盤に重複の少ない竹本を子会社化することでシェアの拡大を図る。

取得価額は非公表。取得予定日は2010年2月26日。