オーエー・システム・プラザは、総合広告代理店のダイヤモンドエージェンシー(東京都港区。売上高33億2000万円、営業利益△5300万円、純資産200万円)の全所有株式90%を、買付交渉代行などを手掛けるカンポマリノ(東京都中央区)へ譲渡することを決議した。売却に伴い、オーエー・システム・プラザのIT・デジタルメディア・コンテンツ事業は廃止となる。

ダイヤモンドエージェンシーは、市場・消費者調査やメディア全般向けのクリエイティブ活動などを提供する総合広告代理店。オーエー・システム・プラザはすでにIT・デジタルメディア・コンテンツ事業子会社2社を売却しており、今後は、経営資源を基幹事業であるパソコン販売事業に集中させる。

譲渡価額は108万円。譲渡予定日は2010年1月12日。