新日本石油と新日鉱ホールディングスは、株式移転により統合持株会社を設立し、その傘下に両社グループの事業を統合すると発表した。

両社は経営統合により石油精製販売、石油開発、金属を併せ持つ世界有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループとなることを目指すという。新会社はJXホールディングスで、会長には現新日本石油社長の西尾進路氏が就任する。

株式移転比率は1.07(新日本石油):1.00(新日鉱ホールディングス)。新日石の普通株式1株に対して統合持株会社の普通株式1.07株を、新日鉱の普通株式1株に対して統合持株会社の普通株式1.00株をそれぞれ割り当て交付する。

移転効力発生予定日は2010年4月1日。