イフジ産業は、日本化工食品の発行済株式の全てを取得し子会社化した。

日本化工食品は、天然調味料やふりかけ原料等を製造し、インスタント食品業界を主な販売先としている。日本化工食品を子会社化することにより、イフジ産業グループの新たな収益事業と位置づけグループの拡大を目指す。

引渡期日は平成21年11月2日。

平成21年3月期末を基準とした一株当り純資産は3,709円。

今回の一株当り取得価額は約1,263円、取得価額総額は240百万円。