中央化学は、連結子会社の米国Central Packaging Corp.(デラウェア州)が保有するプラスチック製食品容器を製造・販売する米国C&M Fine Pack, Inc.(カリフォルニア州。売上高約114億円、営業利益約△2億4000万円、純資産約27億1000万円)の全株式を譲渡することを決議した。譲渡先は投資事業を行う米国C&M Packaging LLC(イリノイ州。純資産0円)。

中央化学はプラスチック製食品包装容器の製造・販売を主力としており、1985年7月に米国カリフォルニア州に三菱商事<8058>との合併によりC&M Fine Packを設立。しかし、北米地域における経済状況の悪化から、今後は国内市場のプラスチック製食品包装容器の製造・販売に経営資源を集中することが適切であると判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2009年9月30日。