パシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングス(PGGIH)は子会社を通じ、鹿児島シーサイドゴルフ倶楽部を運営する三輝観光(鹿児島県日置市。売上高2億400万円、営業利益△1億2400万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

三輝観光は1980年設立でゴルフ場や関連する施設の経営を手がけてきたが、経営状態の悪化により民事再生法の適用を申請していた。PGGIHは三輝観光が再生計画に沿って全株式を消却後、新たに発行する株式を引き受け子会社化する。保有ゴルフ場数の拡大にともなうスケールメリットの追求や運営ノウハウの共有化により収益の向上を目指す。

取得価額は非公表。取得日は2008年11月5日。