M&A速報

関門海<3372>、沖縄を地盤とするしまヤ酒店を子会社化

2008/07/23

関門海は、泡盛を中心とした酒販店を経営するしまヤ酒店(沖縄県うるま市。売上高4億1300万円、営業利益△600万円、純資産3600万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

しまヤ酒店は、沖縄本島の飲食店や泡盛メーカーを中心とした地域に密着した調達ルートを有し、2008年8月には親会社のマナ・イニシアチヴから東京・大阪で運営する沖縄料理店2店舗を取得する。関門海は、沖縄における酒類と食材の調達力を強化するほか、しまヤ酒店の顧客に食品を販売するなどして収益向上を図る。

取得価額は4800万円。取得予定日は2008年9月1日。

関連の記事

アジアに渡る「とらふぐ」 関門海が海外展開を強化

アジアに渡る「とらふぐ」 関門海が海外展開を強化

2019/08/20

とらふぐ料理店をチェーン展開する関門海が海外進出を本格化させている。2019年5月に中国一号店を開店したほか、同年6月にはシンガポールでとらふぐ料理店を運営するVLSG PTE.LTD.を子会社化した。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5